【素人 芝生貼りへの道8】下地作り⑥

こんにちは、よだきっけです。

ガーデニングとは

  • 無縁の人生。
  • まったく関係ない臨床検査技師という仕事。

よだきっけが素人ながら、芝生を貼り、庭を育てていく様を紹介しています。

頭の中の工程では、庭の掘削終了まで、あと少しです。


次に工程の戦略を練っていく状況にあるこの頃。
芝生を貼るまで8ヶ月もあるので、自分のペースでゆっくり作業を進めています。

誰かの参考になれば、嬉しいです。

今回の作業。

40分ほどの作業時間です。

  • 土の掘削を行いました。

子供と遊ぶ、家事、夕食作りのため、あまり作業時間はありません。

よだきっけは、下地作りの投稿が⑥にもなりましたが、
夫婦で土日休みの家庭は、
子供は奥さんがみてもらい、夫が庭作業で一気に作業を進めれるのでしょう。

そのような方で庭の状態が良ければ、ここまでの作業は、

早ければ1日か2日で遅くとも1ヶ月あれば終わると思います。

よだきっけは、頑張り過ぎないタイプなので丁度いいペースです。

土の掘削。

前回に引き続き、調子よく掘っていきます。

と、 

調子にのっていると、

粘土質の土に当たりました。

石や砂利を含んだ土も固いですが、

粘土質も固い。

粘土質の土は、乾いたほうが掘りやすいのでしょうか?

この固さでは、作業が難航丁度しそうなのと、子供が遊びたいというので、土の掘削はここまでにしました。

余談。

庭作業しながら、調子にのって目を離すと、こんな感じです。

もはや慣れっこですが、当初は

  • 結果的に家の中も汚れ、掃除も必要。
  • 少しでも汚れていたら妻にお叱りを受ける。

ため、イライラしていましたが回数を重ね慣れっこです。

土をふるって石と砂利を除いた土の状態。

ふるった土は一箇所に積み上げていたのですが、雨が降ったせいでしょうか。表層の土が流れ若干細かい砂利があります。

現在、考えている次の工程は、

ふるった土と腐葉土もしくは砂をまぜ、掘削した部分に土を配分。

この作業前に、更に細かいふるいにかけるか、かけないか。
悩みが発生しました。

正直、必要ないと現段階では思ってはいます…

最後に。

今回の作業は、

  • 土の掘削。
  • ふるいをかけた土に細かい石が混じっていることを発見しました。

土の掘削は、あと数度行えば終了でしょう。
そこから、

掘削した部分の平坦をとる作業の方が神経を使いそうです。

ふるいをかけた土の細かい石は、

多少混じっていた方が水はけもよくなる

と考えています。
ホームセンターに売っている園芸用のふるいは小さいため、作業量が増えると面倒くさいと思っている部分もあります。

が、

本当に細かい砂利なので、現在行っているふるい作業で除去している石や砂利が残っているよりかは、いい状態であることは間違いありません。

よって、今のよだきっけの気持ちは、ふるいません!!!

実際に芝生を貼って、根付き、色々経過した後にこれが弊害となった際は、報告しようと思います。

 

多分、大丈夫。自分に言い聞かせます。

ディスプレイ レスポンシブ 2019.7

ABOUTこの記事をかいた人

娘2人共働きの30代パパです。 他ブログの方のように専門性が高くないです。だからこそ、同世代や同境遇の皆さんと同じ”よだきっけ”をありのまま晒します。皆さんと一緒に成長していけたらと思います。 全てを保証できるわけでないですが参考にどうぞ!!!