【素人 芝生貼りへの道5】下地作り③

こんにちは、よだきっけです。

ガーデニングとは

  • 無縁の人生
  • まったく関係ない臨床検査技師という仕事。

よだきっけが素人ながら、芝生を貼り、庭を育てていく様を紹介しています。

下地作りにショベルカーを使いたい!!!

芝生貼りのための下地作り…

いつゴールにたどり着くのか…

休みの度に作業してきましたが…

少し気持ちが折れそうな感じもしつつ、作業を進めました。

誰かの参考になれば嬉しいです。

今回の作業。

今回は、2日間の作業報告です。

  • 1日目、土の掘削。
  • 2日目、大きな土の塊をスコップで小さくする。

土の掘削。

1日目です。
作業時間は、2時間

待望の久々の雨が前日に振り、

作業前から掘削しようとウキウキでした。

今まで一番の掘削量です。

2人の子供も一緒に庭で遊んでいました。

砂利がなくなった土で遊ばせる達成感感!!!

子供の裸足で遊んでいい?に、

気持ちよく、いいよ と答えられる嬉しさ

石で足を切る心配をしなくていい庭はいいですね。

早く芝生を貼りたい気持ちが回復しました。

固まった土をほぐす。

2日目。

子供の自転車練習につきあうために庭作業の時間がとれず、30分ほどの作業時間でした。

次のふるいの作業の効率化アップのために大きな土の塊をスコップで大まかにほぐします。

ちなみに、どちらが

石でしょうか?土の固まりでしょうか?

固まった土は、赤丸の方なんです。

画像でも乾いた土は、見分けがつくかもしれませんが

掘削 直後ではじかに見てもわかりずらいです。

作業により、


before

after

この作業のあるなしでは、次作業である

土と石や砂利のふるいわけ

の効率や楽さが段違いに違います。

最後に。

土の掘削は、絶対に雨が降った翌日がいいですね。

庭仕事は、

天気や気候にタイミングを合わせて行うべき

だと実感しました。

庭作業は30分でも継続的に行うと成果が目に見えてきます。

くじけずに頑張ろうと再度気合をいれるよだきっけでした。

ディスプレイ レスポンシブ 2019.7

ABOUTこの記事をかいた人

娘2人共働きの30代パパです。 他ブログの方のように専門性が高くないです。だからこそ、同世代や同境遇の皆さんと同じ”よだきっけ”をありのまま晒します。皆さんと一緒に成長していけたらと思います。 全てを保証できるわけでないですが参考にどうぞ!!!