【素人 芝生貼りへの道1】庭師の訪問

こんにちは、よだきっけです。

ガーデニングとは

  • 無縁の人生。
  • まったく関係ない臨床検査技師という仕事。

よだきっけが素人ながら、芝生を貼り、庭を育てていく様を紹介しています。

引っ越しも終わり・・・次は庭の管理

  • 庭を耕し、整地。
  • 芝生を植える。
  • 芝生を管理する。

素人が四苦八苦する様を報告していきたいと思います。

誰かの参考になれば嬉しいです。

よだきっけ家の庭。

ちょっとした庭があります。

そのスペースをどうするか夫婦で話し合うわけですが…

少し調べると

芝生は管理が大変。

よく言いますよね。加えて、

2人の子育ても大変という状況。

なので、

人工芝を提案したのですが、



……

………



あえなく妻より却下……

そんなに悪くない…

悪くないよな〰…

悪くないと思うけどな…

悔やんでいてもしょうがない。

妻の希望の
芝生を植え、管理できるように勉強しました。

プロの意見が欲しい。

DIYも検討している事を伝えた上でプロの意見を聞くことにしました。

なぜなら、

図書館で本を借りたり、You Tubeやブログで勉強しましたが、なんとなく心もとない。

よだきっけ家の地域で素人が芝生を貼ることはできるのか?

情報がありませんでした。

よだきっけ家の地域は、

  • 冬は降雪が10センチほど。
  • 夏は、まれに全国1位の猛暑日。

結構、厳しい地域だと思うんです。


本では細かい地域でオススメの芝の種類は載っていません。

ブログでも同じ地域の内容は見つけられませんでした。

汗水流した芝生を貼って管理した結果、芝生が育たず夢を描いた

子供が遊ぶ姿が見られず、妻の残念そうな顔を見たくありません。

いえ、ただ単に失敗したくもありません。

知人に庭に芝生を貼ることを話しただけで、

大変だし無理だろって感じを出されるんです。

素人の知識だけでは、駄目だと感じました。

プロの視察。

土の種類。

よだきっけ庭は理由があり盛り土をしたのですが、

特に入れて欲しい土があるわけもなく、考えもせず、なされるがままでした。

庭師の方に見て頂くと、

”真砂土(まさど)”でした。

庭師さんより

  • 水はけは悪い土。
  • 安い土。

であることを教えてもらいました。

施工主に負担(金額的)をかけないようにしたのでしょう」とも。


なんと気の使える庭師さんなのでしょう。

信頼できそう方に出会えたことはラッキー。

土の硬さ。

庭師さんが50センチ前後、庭を掘って調べてくれました。

自分で掘ったこともあるのですが、よだきっけ庭はまぁまぁ硬いそうです。

なぜなら、真砂土(まさど)に、

大小様々な石が含まれているからです。

芝生を貼るのに参考書で20〜30㌢は耕すことが理想と書かれていました。

やりたくない気持ちが芽生えます…

庭師の方に確認すると、

それが理想的だけど、”面倒くさいじゃないですか”

なんと正直な方。

またも信頼度が増し、もし芝生が育たなかったときは対処もしてくれるんだろうとも感じました。

芝生を貼るための改善策。

土は、非常は硬いため、

山砂で盛り土をしようかな」

とのことでした。

しかし、まだプロが悩んでいたので尋ねるてみると

「家に水がいかないように勾配に気をつける必要がありまして…」

なんということでしょう。

またも信頼度を増してしまいました。

当たり前なんですかね?

最後に。

ネットや参考書で学んだことを庭師さんと話してみると大きな間違えはなかったように感じます。

ただ、

理想と現実は違うと感じました。

プロの意見をもらい、知識を少しディスカッションできるだけで、とても勉強になりました。

  • 同じ地域で芝生を管理されている話。
  • 深く耕しすぎなくてもいい。

この2つが知れ、確定しただけでも大きな前進です。

自分で芝生の植え付けを考えている方でも、一度プロの意見を聞くために見積もりや自宅庭の視察をお願いしてみてはいかがでしょうか。

次回は、庭師の方からの提案や見積もりを投稿したいと思います。

ディスプレイ レスポンシブ 2019.7

ABOUTこの記事をかいた人

娘2人共働きの30代パパです。 他ブログの方のように専門性が高くないです。だからこそ、同世代や同境遇の皆さんと同じ”よだきっけ”をありのまま晒します。皆さんと一緒に成長していけたらと思います。 全てを保証できるわけでないですが参考にどうぞ!!!