マイホーム購入~固定金利と変動金利~

現在よだきっけは同居中なんですが、早々に建て替えを考えていました。その際に住宅メーカーの担当者からとんでもない一言を言われ驚いた話です。。

「住宅ローンを組むのは、固定金利変動金利どちらが多いですか?」と聞くと
「よくわからないですけど変動の方が多いようです。」
担当は20代の若い女性でした。

年齢や性別は関係ないと思いますが、購入者側の家計状況などは全く考えてないことがこの一言で分かります。
そのメーカー自体が購入者側のことを考えていたとしても、そういった教育がされてないことも分かります。

  • なぜ驚いたか。
    ここ最近の住宅ローンが低金利ということはご存知だと思います。
    残念なことに、低金利がいつまで続くとは限りません!!これから、金利が上昇するということは必ずあることなのです。
  • 総支払額について
    ちなみに3500万を35年ローンで借りた金利が1%上昇すると利息込の総支払額は300万円以上変わってきます。
  • 個人的に感じること
    低金利の好条件時に20代で家を建てるということが、よだきっけの周りでもまれではありません。
    しかしこういった人たちが、変動金利の場合に住宅ローンを払えるのかと少し疑問です。みんながみんなファイナンシャルプランナーに相談するとは思えないですし、住宅専門誌に書いてある家計状況を行ったとしても詳細に把握することは難しく感じます。

住宅メーカーからすると、収益を上げればいいだけで購入者側が住宅ローンが払いきれなくなることなどお構いなしに感じ、驚いてしまいました。

皆さんも住宅を建てる際は、参考のひとつにしてみてはいかがでしょうか。

同居宅の建て替え

2018.11.29

ディスプレイ レスポンシブ 2019.7

ABOUTこの記事をかいた人

娘2人共働きの30代パパです。 他ブログの方のように専門性が高くないです。だからこそ、同世代や同境遇の皆さんと同じ”よだきっけ”をありのまま晒します。皆さんと一緒に成長していけたらと思います。 全てを保証できるわけでないですが参考にどうぞ!!!